だいずデイズ「スーパー発芽大豆」

だいずデイズ「スーパー発芽大豆」

更年期障害を改善する!イソフラボンを積極的に摂りたい理由

更年期障害を改善する!イソフラボンを積極的に摂りたい理由

40歳半ばくらいから、「なんとなく体調が悪い」と原因不明の体調不良を感じる女性が多いのです。その原因、もしかしたら更年期障害かもしれません。更年期とは一般的に45歳から55歳の閉経の前後に、女性なら誰もが経験する期間のこと。

 

更年期には、人によって違いがありますがいくつかの不快な症状が現れるので、生活に支障が出てしまう事があります。これを更年期障害といいますが、イソフラボンでこの症状を緩和させることができるのです。

 

こちらでは更年期障害の原因、そしてイソフラボンの更年期障害への効果についてご紹介します。

 

更年期障害の原因

更年期障害は、閉経によるホルモンバランスの乱れが大きく関係しています。

 

閉経が近くなる更年期では、卵巣の働きが少しずつ弱っていきます。そのため、卵巣から分泌される女性ホルモンの1種エストロゲンが減少してしまいます。

 

このエストロゲンの減少が自律神経のバランスを崩してしまうと、様々な症状が出てきます。これが更年期障害と呼ばれるものです。更年期障害にはのぼせ、ほてり、発汗、頭痛などの身体的症状の他、不安、不眠、憂鬱感などの精神的症状も現れてきます。

 

エストロゲンを効果的に補充してくれるイソフラボン!

そこで注目されているのが、イソフラボン。更年期に積極的に摂取したい成分としてあげられています。

 

イソフラボンとは?

イソフラボンとはポリフェノールの一種。ポリフェノールですから強い抗酸化作用もあり、活性酸素を抑え生活習慣病を予防する働きもあります。大豆、葛(くず)、レッドクローバーなどのマメ科の植物に多く含まれています。

 

イソフラボンにはいくつか種類があり、その中でも特にイソフラボンが多く含まれるのは大豆。

 

大豆イソフラボンというのは「植物エストロゲン」という呼び名もあります。
先ほど述べた女性ホルモンのエストロゲンと構造がとっても良く似ているんです。そのため、その働きも似ているのです。

 

イソフラボンは更年期障害に効果があるの?

更年期障害の原因は、女性ホルモンのエストロゲンの減少。症状緩和のためにホルモン補充療法や漢方薬、抗うつ薬で治療することもあります。

 

しかし病院で治療するほどではない、薬を飲みたくない、という人もいるでしょう。そんな人におすすめなのが、イソフラボンの摂取。エストロゲンとよく似た働きをするイソフラボンは、更年期障害の症状改善に役立つことが知られています。イソフラボンには次の2つの働きがあります。

  • エストロゲン様作用
  • イソフラボンは体内のエストロゲンが不足しているとき、エストロゲンの不足を補ってくれる働きをします。

  • 抗エストロゲン作用
  • 体内のエストロゲンが過剰な時は、エストロゲンを抑えるように働いてくれます。

イソフラボンは摂取した人の体内の状態によってエストロゲン様作用、抗エストロゲン作用、どちらで働くか変わってくる、面白い成分なのです。つまり、イソフラボンはエストロゲンのバランスを整えてくれるのです。

 

イソフラボンを手軽に摂取したいなら大豆がおすすめ!

イソフラボンはいくつかの食品に含まれているのですが、一番摂取しやすい食材といえば大豆でしょう。大豆そのものを食べる以外に、豆腐、納豆などの大豆の加工食品を食べることでもイソフラボンを摂取することができます。

 

しかし大豆の加工食品ですとその過程でイソフラボンが分解、流出することもあり、食品によってイソフラボンの含有量は異なっていきます。大豆のイソフラボンを十分に摂取するには、大豆を丸ごと調理した「スーパー発芽大豆」がおすすめ!

 

大豆をゆでるのではなく蒸して調理してあるので大豆の栄養成分がゆで汁の溶け出さず、大豆の中にしっかりと閉じ込められています。もちろん大豆イソフラボンも蒸した大豆には、しっかりと残っています。