だいずデイズ「スーパー発芽大豆」

だいずデイズ「スーパー発芽大豆」

大豆製品を食事に取り入れている人口コミ・レビュー(5)

女性ホルモンのバラランスが整いました

大豆製品を摂取しようと思ったきっかけは年齢による体の不調を感じたからでした。
それまで感じたことのない不調が40歳を超えてから始まったのです。

 

具体的には、のぼせやめまい、胃腸不良による便秘と下痢、頭痛や不安感、イライラなどです。
こういった症状はいわゆる「PMS」という生理前の一週間ほどに感じることはあったのですが、日常的に症状が頻発することはありませんでした。

 

「年齢的にも女性ホルモンのバランスが乱れているからかな」と感じて、女性ホルモンに似た作用を補うことがでいる大豆製品を毎日食卓に取り入れることにしました。
基本的には一日に一回蒸し大豆を食べることにしています。

 

はじめは「たくさん摂取したほうが良い」と考えて一日に2回ほど食べていたのですが、大豆イソフラボンを過剰摂取すると乳がんのリスクも高まるし、何より頭痛がひどくなったので一日一回にしました。
あとは、朝食と夕食時にお味噌汁と飲むことです。

 

蒸し大豆を摂取するようになってから、一週間後ぐらいから変化がありました。
気持ちも穏やかになり、めまいや下痢などの不快な症状も緩和しました。
やる気もみなぎってきて、お出かけするのも楽しみになってきたので良かったです。

 

 

毎日1回は取るよう心がけ

 

大豆製品は昔から好きで、豆腐や豆乳、納豆に湯葉いろいろ食べます。
そでもそこまでお腹いっぱいになるイメージはないけど身体にいいものとイコールされるので食べてきました。

 

妊娠して余計に大豆製品の栄養分がとてもいいことをしり積極的に取るようにはしていました。

 

特に産後はいろんな栄養分が不足していまうと説明がありその中でも納豆はとても栄養分が取れるとおっしゃってたので納豆は毎日1回は食べようと決めました。
前まではあったら食べるという感じでしたが、最近ではないと困る食べ物1つになりました。

 

大豆イソフラボンも取れるしビタミンやミネラルも豊富で一番簡単に取れるのも魅力の1つです。

 

蒸し大豆は料理にも結構使えるので私は炒めたりお味噌汁に入れたりしています。品数が少ない時に蒸し大豆1つ出すだけで1品になるのでそれもありがたいです。
お手軽に買えるし何にでも活躍出来る蒸し大豆のお陰で気持ち身体も軽くなったきもするし、肌の調子がよくなりました。