だいずデイズ「スーパー発芽大豆」

だいずデイズ「スーパー発芽大豆」

大豆製品を食事に取り入れている人口コミ・レビュー(3)

昔より大豆製品の種類増えて嬉しいです

昔は大豆製品というと乾いてパサパサのおからとか固い豆腐くらいしかありませんでした。
しかしここ十年くらいで大豆製品も進化してきて安くて美味しいしかも種類も豊富になってきました。

 

スイーツのような味わいの豆腐もありますし、今私がハマっているのはスーパー発芽大豆と相模屋のおかずやっこです。

 

スーパー発芽大豆は、蒸した大豆で、大豆というより栗のようなスイーツ感覚で食べることが出来ます。

 

相模屋はテレビでも特集されたことがあるのでご存知の方も多いと思いますが、鍋のようなものに豆腐製品を入れてレンジで暖めるだけで食べることができるのです。

 

ダイエットにも最適ですしきちんとカロリーを明記してくれているのも嬉しいです。
今まで市販の豆腐は冷奴にするか湯豆腐にするかくらいしか選択肢がなかったのですが、相模屋のような製品が出てくれると気楽に簡単に大豆を摂取することができるようになるのです。

 

おからにしても乾燥したおからや生おからなどが販売しており、女性特有の便秘の症状にもおからは効果があります。自分のおやつとしておからクッキーを作って会社に持参しお腹が減ったときに食べるなどすることもできますし、小腹を満たすのにも使えます。

 

 

豆乳を飲むようにしたら、体が軽く感じられます

 

更年期かな〜と思いはじめた時に、大豆に含まれるイソフラボンが女性ホルモンに似た働きをするというのを聞いたことがあるのを思いだして、大豆製品を意識して積極的に摂ろうと思った切っ掛けでした。
最初は、豆乳を飲んでいたんですが、一週間ほどで体調が良くなってくるのを実際に感じることができたので、これは豆乳効果だと思っています。

 

でも、慣れるまで続けるのは、結構大変でした。
お味噌汁にも入れてみたら、コクが出て美味しく感じたんですが、これは家族に不評だったので諦めました。

 

お味噌汁は、夕食には欠かさず飲むようにしているんですが、それだけでは大豆製品を摂ったとはとても言えない気もしていました。
かと言って、煮豆もそんなに沢山食べられるものじゃありませんしね。
とにかく気に掛けるようになってからは、真空パックの大豆をはじめ豆製品を常備しています。

 

角切りにした野菜とあえてサラダにしたり、スープや煮込み料理の時に一緒に煮込んだりして、混ぜ込む作戦にしています。
一回に沢山ではなく、回数を増やすようにしています。