だいずデイズ「スーパー発芽大豆」

だいずデイズ「スーパー発芽大豆」

今日から食事に取り入れたい!蒸し大豆を使って高血圧対策できる

今日から食事に取り入れたい!蒸し大豆を使って高血圧対策できる

40代はまだまだ働き盛り世代。子育てや仕事で忙しく、やることがいっぱいです。しかし気が付かなくても、体は少しずつ老化に向かって進んでいるのです。お腹周りに肉がついてくる、細かい字が見えにくくなる、というのはわかりやすい変化です。

 

しかし、体の中でも気が付かないうちに老化が進んでしまっていることがあります。例えば、血管。血管が老化すると、血圧が高くなってしまうのです。自覚症状がなく検査で指摘されて驚く人もいるかもしれません。

 

そこで健康な毎日を送る助けとして、蒸し大豆を食事に取り入れることをおすすめします。蒸し大豆には様々な栄養が含まれており、その中には高血圧対策になるものもあるのです。こちらでは蒸し大豆が高血圧対策になる理由についてご紹介します。

 

老化現象の1つ!高血圧になってしまう原因とは?

日本人は高血圧の人が多いのですが、特に40歳代、50歳代になると高血圧の人が特に多くなってくるのです。もちろん、遺伝や他の病気で血圧が高くなってしまう事もあるのですが、その理由には次のようなものがあります。

 

高血圧になりやすい生活習慣

高血圧になりやすい生活習慣を長年続けていくことで、血圧が上がってしまう事があります。その習慣には次のようなものがあります。

  • 喫煙
  • 適量を超えたアルコール摂取
  • 塩分の摂りすぎ
  • 乱れた食生活
  • 脂肪分の多い食事
  • ストレス
  • 運動不足
  • 睡眠不足

若いころからずっとこのような生活を続けていると、40代になって体の老化が始まるとその影響が出てしまう事があります。若いころと同じような生活を続けていると体はついていきませんので、生活習慣を見なおすようにしましょう。

 

老化現象によって高血圧になることも

体が老化してくると、当然わたし達の体の内部、内臓や血管も老化していきます。血管が老化してくると血管は弾力性を失い硬くなり、狭くなってしまい、そうなると血流が悪くなってしまいます。

 

そのため血液をさらに送り出そうと圧力がかかってしまい、そのため血圧が上がってしまうのです。これは血管に心臓にも負担となってしまいます。

 

蒸し大豆のこの栄養が高血圧に効果あり!

栄養豊かで”天然のサプリメント”ともいわれるのが、大豆!その中でも蒸し大豆は、他の大豆製品や大豆の水煮と比べて多くの栄養素が大豆から出ていかず、残っていることで知られています。

 

蒸し大豆に含まれている成分で高血圧に効果のある栄養素には次のものがあります。

 

たんぱく質

たんぱく質は筋肉を作る栄養素として知られていますが、実は筋肉だけでなくわたし達の体のあらゆる部分、皮膚、内臓、毛髪などを形成するのに必要なのです。もちろん血管を丈夫にする働きもありますので、たんぱく質は不足しないように摂りたい成分です。

 

大豆には肉や卵にも劣らない、アミノ酸が豊富な良質のたんぱく質が豊富に含まれています。しかも植物性たんぱく質ですから、脂質の摂りすぎが気になりません。

 

大豆サポニン

血液がドロドロになる、血栓ができる、これらは血液の流れを阻害しますので、血圧が高くなってしまう原因になってしまいます。大豆サポニンには、血液をドロドロにする悪玉コレステロールを低下させる働きがあります。また、血管の中に血栓ができるのを防いで、血流をよくする働きをします。

 

大豆レシチン

大豆レシチンは”脳の栄養素”とも呼ばれ、記憶力や学習能力を高める助けをするのですが、それだけでなく、血液中のコレステロールにも働きかけるのです。

 

悪玉コレステロールは血液中に増えすぎると血管の壁に張り付いて血流を阻害し、そのため血圧が上がる原因となってしまいます。レシチンは血中の悪玉コレステロールを溶かし、善玉コレステロールを増やしてくれるのです。