だいずデイズ「スーパー発芽大豆」

だいずデイズ「スーパー発芽大豆」

更年期障害の症状にはどんなものがあるの?いつから始まるの?

更年期障害の症状にはどんなものがあるの?いつから始まるの?

女性なら誰もが経験するとわかっている更年期障害ですが、その症状は多岐にわたるので、原因不明の体調不良で済ませてしまっていることもあるかもしれません。しかし更年期障害の症状をきちんと把握して対処していくなら、つらい症状を緩和し、健やかな毎日を送ることができます。

 

こちらの記事では更年期障害の症状、更年期障害の始まる時期についてご紹介していきます。

 

更年期とは?

女性の一生は大きく分けると、「小児期」「思春期」「性成熟期」「更年期」「老齢期」の5つに分けることができます。エストロゲン(卵胞ホルモン)の量は「思春期」に増え始め「性成熟期」にピークに達し、「更年期」の少し前の40歳を迎えた頃から急激に減っていきます。

 

「更年期」とは、エストロゲンの分泌量が低下していき閉経を迎える前後5年くらいの期間のことをいいます。

 

更年期が始まるのはいつから?

日本人の平均的な閉経の年齢は、50歳であるといわれています。その前後5年が更年期であるといえます。これからすると、45歳から55歳が一般的に更年期といわれる期間になります。

 

これには当然個人差があります。人によっては30代後半から更年期が始まる人もいますし、60代になってから更年期の症状を感じる人もいるようです。

 

更年期になると不快な症状が現れる!

卵巣の機能が低下してエストロゲンの分泌量が減ってくると、それを感知した視床下部はエストロゲンを分泌させようとして卵胞刺激ホルモンをたくさん出します。しかし卵巣はもうエストロゲンを出すことはできません。

 

それで体はホルモンバランスが乱れた状態となり、視床下部は自律神経もコントロールしているため、その乱れの影響を受けてしまいます。それが更年期障害と呼ばれる様々な不快な症状となって、体に現れていきます。

 

更年期障害の症状にはどんなものがあるの?

更年期障害として有名なのは、体のほてり、のぼせといったホットフラッシュと呼ばれる症状、イライラするといった症状でしょう。
しかし更年期障害と一言で言っても、その症状には身体的症状、精神的症状といろいろなものがあります。更年期障害の症状を下記にあげてみました。
更年期障害の身体的症状

  • 体がだるい
  • 以前よりも疲れやすい
  • のぼせ・ほてり(ホットフラッシュ)を感じる</li>
  • やたらと汗をかく
  • 手・足が冷えやしびれる
  • 立ちくらみ、めまい
  • 動悸・息切れがする
  • 腰痛・肩こり
  • トイレが近くなる
  • 肌・目が乾燥する

更年期障害の精神的症状

  • 寝つきが悪い、不眠
  • やたらとイライラする
  • 憂うつになる
  • 記憶力や判断力の低下している
  • 漠然と不安を感じる

これらの症状がすべて出るわけではなく、いくつかだけを強く感じる人もいますし、人によってはほとんど症状を感じない人もいます。症状にかなり個人差があるのが、更年期障害の特徴です。

 

しかし上記に当てはまるものが多いなら、更年期障害による症状の可能性があります。

 

更年期障害に上手に対処して健やかな毎日を!

更年期障害の症状の出方は、人それぞれ。更年期障害で病院に行きたくない、薬を飲みたくないという人もいるようです。そんな時には、更年期障害に効果があるといわれているサプリメントや食品を活用して対応することができます。

 

更年期障害を和らげるサプリメント・食品の摂取

更年期障害に効くといわれているサプリメントや食品にはいろいろな種類があります。特におすすめしたいのは「スーパー発芽大豆」。そもそもエストロゲンの不足で更年期障害が引き起こされているので、エストロゲンと似た働きをする大豆イソフラボンが含まれた「スーパー発芽大豆」なら、エストロゲンの不足を補ってくれます。

 

発芽直前の大豆は一番栄養を蓄えているのですが、そこで成長をストップさせてあります。そのためアミノ酸の1つギャバが多く含まれており、更年期に気になる血圧の上昇を抑えてくれます。また、蒸し大豆を使っているので栄養が逃げずしっかりと大豆に残っており、不足しがちな食物繊維、たんぱく質、アミノ酸を補ってくれます。